亀有の靴屋のブランド紹介

ANGLE

tel/fax 03-5680-3696

  • 10:00~20:00
  • 水曜定休

東京都葛飾区亀有3-27-25

BRAND

      

SAYA

SAYA

「デザイン性」と「機能性」、それは靴を作るうえで最も重要な要素です。しかし、どちらかを重要視すると、どちらかがおろそかになります。つまり、靴を作る過程でこの二つは、相容れない要素ということになります。

しかし、一見実現不可能に見えたそれを両立させたのが「SAYA(サヤ)」なのです。

そして生まれたコンセプトが「機能をデザインする」。歩く道具としての靴。その道具に必要な機能を満たすための条件として、素材や製法を吟味、そしてその素材や製法を活かすデザインを考えました。

SAYAの商品紹介はこちら

works

works

現代を生きる女性にとって、歩くことはライフステージに欠かせない要素です。そのシーンを優雅で洗練されたものにするのが、「RABOKIGOSHI works(ワークス)」です。

働くことは、「知性」と「行動力」の融合であり、知性のキーワードはオーセンティック。オーセンティック=本物。オーセンティックとは、時に淘汰されることなく、今も存在し、それは知性の営みの証でもあるのです。

そして、行動力とは時代の表れであるモード。現代女性の知性をモード感で演出し、躍動感のある知性に変えてくれる靴です。

worksの商品紹介はこちら

INDIVIDUAL

INDIVIDUAL

「個人」や「個々の」「独自の」といった意味の「INDIVIDUAL(インディビジュアル)」。しっかりとした自分=個を持つ女性に対して、リアリティのあるモードを提案しています。

モードと流行は同義語。時代は移ろいゆくものであり、その時代の移ろいの表れがモードであり、流行なのです。そして、モードにはスタイルという意味も。

INDIVIDUALは、自分を持ち、時代を感じ、装いで時代を表現したいと願う女性のスタイルとしてモードを表現しています。移ろいゆくモードに時代性というリアリティを与える靴です。

INDIVIDUALの商品紹介はこちら